ダイエットに必要な知識を身に付けよう!

ダイエットに必要な知識を身に付けよう!

睡眠について

生活習慣と体重が密接な関係にあることは知られていますが、意外と知られていない事実として、ダイエットは睡眠とも深い関係性があるということが挙げられます。海外の研究結果を見てみると肥満度は7時間〜8時間程度の睡眠を取っている人が最も低いと言われています。睡眠時間が短いとより肥満傾向にあり、4時間以下の睡眠を取っている人の肥満度は73%と、かなり高い数字を記録しているのです。

睡眠時間が短いと肥満傾向になる理由としてはいくつか挙げられます。例えば、ホルモンのバランスについてです。満腹ホルモンのレプチンは睡眠時間が短いと減ってしまいます。逆に、空腹ホルモンであるグレリンは増加傾向にあるので、どうしても食欲が湧いてしまうのです。そのため、間食が増えてしまって太りやすくなります。

さらにグリシンが多いと、こってりとした味のものを食べたくなります。高脂肪食や高カロリー食を暴飲暴食してしまい、体重のコントロールが難しくなるのです。また、単純に起きている時間が長いので、その分食事をする機会も増えてしまいます。そのため、睡眠時間が足りていない人は寝る時間を増やせば、自然と痩せていくのです。もしも自分の睡眠と体重に関係があると感じた人は注意しましょう。